持ち物リストを作る 旅の準備が面倒くさい人にこそ、おすすめ!

Hi, Angels! 社会人大学生のとこです。

GWは旅しましたか?
旅行好きの私には、準備作業が楽しくって仕方ないのですが、どうやら、旅の準備が面倒だという人が割といることを知りました。
そこで、今日は旅行の準備が楽チンになるコツを1つお伝えしようと思います。

登山の経験がヒントに

私は、登山をしますが、ひとりで山に行くことが多いので、忘れ物は致命的です。
以前は、あれ忘れてたらどうしよ?とよく前日の寝るときに不安を抱えていたのですが、持ち物リストを作るようになってから、忘れているはずがないと思えるようになったので、心配せずさっさと寝れるようになりました。

一度作れば楽チン、持ち物リスト

これを旅にも応用したのが、今日ご紹介する持ち物リストです。
行く前に作ろうとすると、面倒だと思いますので、次回旅した後に、よかったら作ってみてください。

コツは、荷物を解体する前に、全部リストアップするのです。つまり、実際に持っていったものをリストアップするのです。リストができたら、使わなかったもの、いらなかったものをリストから省くか、別の欄に記入しておきます。

何回か旅すると、だんだんリストが洗練されてくると思います。季節ごとに持ち物が少し違うかもしれませんが、それはとりあえず全部リストに入れておきます。あまり細かく分けたりすると面倒なので…
今回の旅に、これは不要だな、と思うものがあれば、それは旅行に行く直前の準備段階で、いらない持ちものとしてリストから省きます。

最初の段階では、リストは、必要な全部の荷物が書き出してあるマスターとなるリスト1つにしておきます。旅の準備をする前に、そのリストから、今回いらなそうなものを省くイメージです。

そして、いざ準備するときは、このリストにあるものをひたすらパッキングするだけです。
リストなしでやるときに比べて、短時間でできることにきっと驚くと思います。

持ち物リストの例

準備が面倒くさい原因とは?

実は、何が必要なんだっけ?と思い出す作業が実は面倒くさいのだと思います。そして、どんなに頑張って思い出しても、何か忘れているかもしれないという不安が常についてきます。ですが、旅したときに使ったものをリストアップしたものですから、基本的に必要なものは網羅しているはずです。この安心感が私は気に入っています。

時間術にも応用できる!

実は、1日のルーチン作業もこれに似ています。
毎日やっているルーチン作業を私は、TaskChute Cloudに全部登録しています。

リピートタスク(繰り返しの作業)として簡単にセットできるので、一度登録しておけば、必要な時に毎回表示されるようになります。
毎日やること、毎週やること、毎月1回やることを登録しておけば、忘れる心配はない。

思い出す作業から解放されるだけも、かなり快適ですし、省エネ、時短できますよ。そして、漏れがないという安心感がなんといっても素敵です。

よかったら、お試しください。
ではまた明日。
Have a nice day,
From Toco