時間を節約するってどういうこと? 『モモ』を読んで気づいたこと

TaskChute Cloudを使うようになって、無駄な時間をすごさないようにしようと思ったり、無駄な時間を過ごしてしまうと、罪悪感を持ったりすることが多くなった。最初のころは、それはいいことだと思っていて、無駄な時間を過ごすことや、意味のない時間を過ごすことを極力減らそうとしてきた。そしてそれに満足もしていた。ここのところ、そんな状況に少し違和感を感じはじめる。

そんなとき、この一節に出会った。

けれど、時間とはすなわち生活なのです。そして生活とは、人間の心の中にあるものなのです。人間が時間を節約すればするほど、生活はやせほそって、なくなってしまうのです。

ミヒャエル・エンデ『モモ』

TaskChute Cloudに分単位で、行動を記録してきたが、それを24時間やっているのは、自分にはどうやら合わなそうという気がしてきたので、最近、部分的に使用することに切り替えた。つまり、記録しないブラックボックス時間を自分に許すことにした。でも、それもなんとなく気持ち悪く、モヤモヤしていたが、ラベルのつけられないぼんやりな自由時間を生み出すために、他の時間を過ごしていると思えば、いいのかなと思うようになった。これが今のところ自分にとってはいいバランスのような気がする。

時間については考えれば考えるほど、訳が分からなくなるけど、たまには立ち止まってぐるぐるしてみるのもいい。