習慣の見直し TaskChute Cloudを部分的使用に変更する

TaskChute Cloudを使いはじめてから、もう少しで半年。

朝のルーチンなどは、このツールがあると、行動をサポートしてくれて、生活のリズムが作りやすく、気持ちいいので、このまま使っていこうと思うけど、1日中ログを取る必要があるかどうかについて、ここで一度考えてみようと思う。

というのも、ここのところ、自分の内側から、大きく反発が来てしまう。大人の反抗期のようなものなのか?折衷案として、TaskChute Cloudを使う時間帯と、使わない時間帯を作るようにしようかと思い、試行錯誤中。

思い出してみると、TaskChute Cloudを使い始めた頃は、部分的に使用してきた。途中から全部ログを取っていない時間帯が気持ち悪くなって、なんとなく24時間ログを取ることに移行していった。明確な理由はないけど、なんとなくだ。そして、今は、それがちょうど定着してきた頃。この反発の原因は、自分でもよくわからないけど、ちょっと息苦しい感じがある。だから、はじめた頃のような感じに戻してしばらく過ごしてみようと思う。

一度身についた習慣は恐ろしいもので、ログをつけない時間帯がちょっと気持ち悪いという違和感がたしかにあるが、それと同時に、気持ちがのびのびする感じもある。

なので、今はこののびのび感覚を大切にしたいと思っている。

習慣は、積み上げていって、つくるのも難しいけど、意図的に習慣を壊すのも易しくはないんだな。